英語

「英語学習がなかなか継続できない」そんな悩みを抱えている方へ、継続できて英語能力を確実に向上させることができる<英語多読法>のいろいろ(やり方・メリット・本の選び方・やる前に準備するもの)をご紹介します。
英語能力を確実に向上させる学習法は「英語多読法」
多読法という英語学習法に興味を持って始めようと思っても、どの本を読めばよいかわからないという方も少なくありません。ここでは、多読を始めようとしている方向けに、最初の1冊の候補の本のリストを簡単なあらすじと共にご紹介します。
英語の多読を始める時の最初の1冊は何が良いか?
多読法という英語学習法に興味を持って始めようと思っても、どの本を読めばよいかわからないという方も少なくありません。ここでは、英語多読法が軌道に乗るまでどの本を読めばよいかを判断するための参考になるようなことをご紹介します。
英語の多読のための本リスト<電子書籍版>
多読法という英語学習法に興味を持った方に、自分が実際に読んだ紙媒体の英語本をご紹介します。
英語の多読のための本リスト<紙媒体版>
機械翻訳は飛躍的な進歩を遂げています。特定の分野で十分な人間の手での補助があれば、ある程度有用なツールとなってきています。ここでは、英語のビジネスメールを書く時の機械翻訳の上手な使い方をご紹介します。
英語を読み書きするときの機械翻訳の上手な使い方
「英語をスラスラ書けるようになりたい」と思っている方に、すぐに英語のライティングスピードを少し早くなる良い方法を提案します。それは「英語の入力支援ツール」を使うことです。ここでは役に立つ「英語の入力支援ツール」をご紹介します。
英語を書くスピードを上げる入力支援ツールの紹介
「英語のビジネスメールをすらすら書きたい」と思っている方に、ひとつの方法として『英借文』とその使い方をご紹介します。『英借文』とは、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法のことです。
英借文から始めて自力で英作文ができるようになる方法
英語のビジネスメールを書くとき、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法の「英借文」が有効です。英文の借り先はネットで検索したウェブサイトの場合も多いでしょう。ネットを参考にして上手に英借文する方法をご紹介します。
上手に英借文する方法<ネットを参考にする>
英語のビジネスメールを書くときには、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法の「英借文」が有効です。英文の借り先はネットl検索か「英文ビジネスEメール 実例・表現○○」のような本が多いでしょう。ここではその本の上手な使い方についてご紹介します。
上手に英借文する方法<本を参考にする>
「英語ビジネスメールの書き方には決まった型があります。その基本的な型を使うことにより、相手にわかりやすく失礼にあたらないメールを書くことができます。ビジネスをスムーズにするための英語のビジネスメールの書き方の基本の記事をまとめたものをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <基本のまとめ>
英語で書くビジネスメールには基本なルールとマナーがあります。仕事でビジネスメールを書く必要がある方へ、押さえておいたほうがよい基本のポイントをご紹介します。具体的には「なるべく簡潔に伝える」「情報を盛り込みすぎない」などです。
英語ビジネスメールの書き方 <基本ルール>
英語で書くビジネスメールには基本な構造とレイアウトがあります。「英語のビジネスメールの基本ルール」と組み合わせることで、相手が読みやすく、素早く反応してくれるメールにすることができます。そのために押さえておいたほうがよい基本のポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <全体構成>
英語のビジネスメールを書く際に、最初に気をつけたほうが良いのは「件名」です。せっかく良いメールを書いても件名が悪ければ、そのメールが読まれないこともあります。件名を書く時に押さえておいたほうが良い点と、避けた方がよい点をご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <件名>
一般的に、手紙は頭語で始まり結語で終わります。英語のビジネスメールではその習慣を引き継がれています。英語のメールでは「拝啓」などではなく、基本的に宛名を書くのに使われます。ここでは英語圏での「頭語 (宛名)」の基本的な書き方をご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <頭語 (宛名) >
英語のビジネスメールを書くのに「書き出し」はとても大事な部分です。相手にメールを最後まで読んでもらえるような、ビジネスメールでよく使われる「書き出し」のポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <書き出し>
「書き出し」「主文」「結び」の3部構成になっていることが多いビジネスメールでは、主文はその中核部分にあたります。相手が読みやすい論理的な主文を書くためのポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <主文>
「メールの最後を良い言葉で締めくくれば、受け取った相手も良い気持になり、あなたへの印象も各段に良いものになるでしょう。ビジネスをスムーズにするための良い結びの文を書くためのポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <結び>
一般的に、手紙は頭語で始まり結語で終わります。英語のビジネスメールではその習慣を引き継がれています。日本語の手紙の「敬具」に当たる部分を、英語圏で「結語」としてどのように書いていくかをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <結語>
英語のビジネスメールの署名は、メールの最下部にメールを書いた人の「差出人情報」と「連絡先情報」を記載します。日本語のメールと同じですが、情報を書く順番が日本語とは異なります。ここではよく使われる署名の書き方についてご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <署名>
英語のビジネスメールを送る前のチェックは大切です。送られてしまったメールは取り消すことはできません。ビジネスメールを送る前に慎重にチェックをしましょう。特に英語のメールだと、より慎重さが必要となります。ここでは、英語のビジネスメールを送る前のチェックリストをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <送信前のチェックリスト>
ビジネスをスムーズにするために、英語のビジネスメールはできるだけ正確に書きたいものです。正確な英語のメールを書くためのスペルチェックのやり方についてご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <送信前のスペルチェック>
英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。ビジネスがスムーズになるようなメールを書くことを目指しましょう。ここではそのための論理的な英語の文章を書くポイントについてご紹介したいと思います。
英語ビジネスメールの書き方 <論理的な文章>
英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。ビジネスがスムーズになるようなメールを書くことを目指しましょう。ここではそのためにまず必要なシンプルな読みやすい英語の文(センテンス)を書くポイントについてご紹介したいと思います。
英語ビジネスメールの書き方 <シンプルな文章>
ビジネスシーンでは締切があることがほとんどです。自分の作業だけで完結することはあまりなくて、誰かに依頼したものが早めに欲しい時も多々あるでしょう。そんな時に相手に失礼に当たらないように催促する英語の表現をご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <リマインドメール>
ビジネスシーンではアポイントを取って面談することが多々あります。すべてのビジネスはそこから始めると言っても過言ではありません。ここでは、スムーズにアポイントを取るのに必要な英語の表現についてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <アポイントを取る>
ビジネスシーンではアポイントを取った後、何らかの事情でそのアポイントメントの時間や場所を変更しなければならない場合があります。ここでは、アポイントメントの変更を相手にお願いすることの英語の表現についてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <アポイントの変更>
英語のビジネスメールでは期限を明確にして何をしてほしいかを伝えることが重要です。失礼にならないようにかつ期限を明確に提示する、そんな英文をビジネスメールでは書きたいですよね。ここではビジネスメールでの期限設定の上手な書き方をご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <期限を伝える表現>
英語のビジネスメールを書く際「難しい依頼」「相手への反論」「悪い知らせ」「突然の変更」「断り」「反論」など相手に言いづらいことも書く場合もあります。そんな時、言いたいことを和らげるクッション言葉がとても便利なのでご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <前置き>
英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。論理的な文章を書くために論理展開はとても重要です。ここでは論理展開に欠かせない文と文をつなぐ役割を持つ「ディスコースマーカー」の説明と、その上手な使い方についてご紹介していきます。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <ディスコースマーカー>
英語のビジネスメールではシンプルな文が重視されます。「主語」+「述語動詞」+「目的語」だけで成り立つ文が理想的ですが、シンプルな文だけでは相手に十全に意思が伝わらない場合もあります。そんな時に便利なのが副詞です。ここではビジネスメールでの副詞の上手な使い方をご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <副詞の上手な使い方>
英語のビジネスメールを書くとき、相手に何かを伝えてもらうことが目的のことも多いです。「情報を制するものはビジネスを制す」とも言います。相手に失礼のないように聞きたいことをお願いする英文の書き方についてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <情報を取得する>
英語のビジネスメールを書くとき、相手に何かを伝えることが目的のことも多いです。「何を伝えるか」によって使用する英語表現は変化します。文脈・場合に応じる適切な使い分けについてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <情報を伝える>
英語のビジネスメールであなたの感情表現をうまく書きたいことがあると思います。英語で感情表現をする時のフォーマットと、ビジネスメールにふさわしい感情表現の書き方についてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <感情表現>
はじめての相手にメールを書く時、簡単な自己紹介文を書くことが多いと思います。英語のビジネスメールで自己紹介 (会社の紹介を含む) をする際に使える英語表現をそのポイントと一緒に例文を交えてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <自己紹介>
英語のビジネスメールで、商品名・個数・価格・日時・場所・条件などを伝えるときなど、項目・要素が多くなる場合、文章よりも箇条書き (Bullet Point)にする方が好まれます。ここでは、よく使われる箇条書きの書き方をご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <箇条書き>
シンプルが良いと言われる英語のビジネスメールでも、最初に一言「挨拶」があった方がビジネスもスムーズになる場合が多いです。ここでは相手に好印象を与えられかつよく使われる「挨拶」のフレーズをご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <挨拶>
ビジネスシーンでは感謝を表すメールを出すことが少なくありません。お礼や感謝をちゃんと伝えることでビジネスもスムーズに行われるでしょう。ここでは様々なシーンごと (上司・部下・取引先など) に、お礼や感謝の表現する時によく使われるフレーズをご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <感謝>
ビジネスメールの1/3ほどが、相手に何かを依頼する内容のメールになると思います。ここでは、英語のビジネスメールで何かを依頼する時、失礼に当たらないようなよく使われる英文フレーズをご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <依頼>
ビジネスシーンにおいて「提案する」ことは重要な要素です。誰に提案するか、どのようなニュアンスで提案するかによって、使う単語やフレーズも変わってきます。相手に失礼にならないように提案するときのフレーズをご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <提案>
ビジネスシーンにおいて「主張する」ことは重要な要素です。どんなニュアンスで主張するかによって、使う単語が変わってきます。誤解を招かないように、文脈に即した主張を表現する単語の使い分けと、主張の意図を表すいくつかのフレーズをご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <主張>
英語のビジネスメールでは、締切日や予定日などの日付と時間を明確にしなければならないことが少なくありません。ここでは英語のビジネスメールでよく使われるアメリカ式の日付と時間の書き方についてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <日付と時間>
ビジネスメールでは、自分の署名や宛先など部署・役職を書かなければならないことが少なくありません。英語のビジネスメールでよく使われるアメリカ式の部署名と役職名 (肩書き) の表記方法について紹介してます。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <部署と役職>
英語でビジネスメールを書いている人は、英語を共通語として使っていろいろな国の人とコミュニケーションと取っていると思います。地域別に国名・国籍名・公用語の英語表記をまとめました。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <国名>
英語のビジネスメールを書くとき最後に署名を入れます。その署名には殆どの場合、住所が書いてあります。英語での住所表記は日本語で書くときと勝手が違います。ここでは英語で住所を書く時のポイントについてご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <住所>
数字は、ビジネスシーンにおいて事柄を明確にするために重要なツールです。英語のビジネスメールでよく使われる数字の書き方についてご紹介します。大きい数字の書き方、◯番目、切り上げ・切り捨て・四捨五入、ローマ数字の書き方など。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <数字>
英語のビジネスメールでは英語圏特有の記号をよく使います。記号を適切に使うことで読みやすくわかりやすいメールを書くことができます。日本語の文化とは少し異なった使い方をする英語の記号の上手な書き方をご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <記号>
一般的には英語のビジネスメールで省略・短縮表現を使うのは避けたほうが良いと言われています。しかしながら、ビジネスシーンで伝統的に使われる略語もいくつか存在します。ここではそのような略語をご紹介します。
英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <略語>