英語メールの書き方

「英語ビジネスメールの書き方には決まった型があります。その基本的な型を使うことにより、相手にわかりやすく失礼にあたらないメールを書くことができます。ビジネスをスムーズにするための英語のビジネスメールの書き方の基本の記事をまとめたものをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <基本のまとめ>
英語で書くビジネスメールには基本なルールとマナーがあります。仕事でビジネスメールを書く必要がある方へ、押さえておいたほうがよい基本のポイントをご紹介します。具体的には「なるべく簡潔に伝える」「情報を盛り込みすぎない」などです。
英語ビジネスメールの書き方 <基本ルール>
英語で書くビジネスメールには基本な構造とレイアウトがあります。「英語のビジネスメールの基本ルール」と組み合わせることで、相手が読みやすく、素早く反応してくれるメールにすることができます。そのために押さえておいたほうがよい基本のポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <全体構成>
英語のビジネスメールを書く際に、最初に気をつけたほうが良いのは「件名」です。せっかく良いメールを書いても件名が悪ければ、そのメールが読まれないこともあります。件名を書く時に押さえておいたほうが良い点と、避けた方がよい点をご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <件名>
一般的に、手紙は頭語で始まり結語で終わります。英語のビジネスメールではその習慣を引き継がれています。英語のメールでは「拝啓」などではなく、基本的に宛名を書くのに使われます。ここでは英語圏での「頭語 (宛名)」の基本的な書き方をご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <頭語 (宛名) >
英語のビジネスメールを書くのに「書き出し」はとても大事な部分です。相手にメールを最後まで読んでもらえるような、ビジネスメールでよく使われる「書き出し」のポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <書き出し>
「書き出し」「主文」「結び」の3部構成になっていることが多いビジネスメールでは、主文はその中核部分にあたります。相手が読みやすい論理的な主文を書くためのポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <主文>
「メールの最後を良い言葉で締めくくれば、受け取った相手も良い気持になり、あなたへの印象も各段に良いものになるでしょう。ビジネスをスムーズにするための良い結びの文を書くためのポイントをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <結び>
一般的に、手紙は頭語で始まり結語で終わります。英語のビジネスメールではその習慣を引き継がれています。日本語の手紙の「敬具」に当たる部分を、英語圏で「結語」としてどのように書いていくかをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <結語>
英語のビジネスメールの署名は、メールの最下部にメールを書いた人の「差出人情報」と「連絡先情報」を記載します。日本語のメールと同じですが、情報を書く順番が日本語とは異なります。ここではよく使われる署名の書き方についてご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <署名>
英語のビジネスメールを送る前のチェックは大切です。送られてしまったメールは取り消すことはできません。ビジネスメールを送る前に慎重にチェックをしましょう。特に英語のメールだと、より慎重さが必要となります。ここでは、英語のビジネスメールを送る前のチェックリストをご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <送信前のチェックリスト>
ビジネスをスムーズにするために、英語のビジネスメールはできるだけ正確に書きたいものです。正確な英語のメールを書くためのスペルチェックのやり方についてご紹介します。
英語ビジネスメールの書き方 <送信前のスペルチェック>
英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。ビジネスがスムーズになるようなメールを書くことを目指しましょう。ここではそのための論理的な英語の文章を書くポイントについてご紹介したいと思います。
英語ビジネスメールの書き方 <論理的な文章>
英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。ビジネスがスムーズになるようなメールを書くことを目指しましょう。ここではそのためにまず必要なシンプルな読みやすい英語の文(センテンス)を書くポイントについてご紹介したいと思います。
英語ビジネスメールの書き方 <シンプルな文章>